義肢(義足・義手)装具のご用命は、(株)洛北義肢へ

http://www.pedcad.de/index_en.php

2007年2月1日

PedCad社インソール製作システム(CAD/CAM)を導入しました

- 従来の製作方法では困難であったご要望にもお答えできます -

当社では年々需要が高まってきている足底板(インソール)の製作において、様々な症状や足の形状に合わせてより適合の良い製品を提供できる方法を模索してまいりました。同時に基本的な品質向上と納期短縮を目指し数年を掛けて検討した結果、性能と実績に優れるドイツPedCad(ペドキャド)社のCAD/CAMシステムを導入しました。

ますます需要が高まる足底板(インソール)のタイムリーな提供実現に向けて

特   長

  1. トリッシャムモデルそのままの形状を3次元データとして取り込み、CAD画面上で補正後、専用のミリングマシンで切削します。
  2. 個々の患者様のデータをデジタルデータとして保存することにより、いつでも同型の足底板(インソール)を製作することができます。
  3. アーチや踵の高さ等各種設定を数値化することにより、より正確に製作することが可能となりました。
  4. コスト削減効果により、リピート受注に対し安価での提供が可能です。
  5. 工程のデジタル化により製作時間(納期)の短縮を実現しました。