義肢装具士(係長) 野村正洋
北海道科学大学卒


自己紹介をお願いします。



北海道工業大学(現:北海道科学大学)を卒業後に洛北義肢に入社した野村正洋です。今年で入社11年目になり、多くの部下の管理・指導教育を行う立場にあります。臨床では大学病院の担当することが多く、その中でもとくに小児整形や脊椎外来を任せて頂いています。



義肢装具士として担う業務や役割など



私が義肢装具士として担っている業務は、患者様とくに、これから成長していく若い年齢の方の治療のサポートをすることです。具体的な例を挙げると、側弯症や先天性内反足など、成長に伴い身体に変形が生じる病気の変形を予防できるような装具を提供することです。提供するためには本人からの情報を聞き出すだけではなく、身の回りの方からの情報収集が欠かせません。病院に来るとなかなか普段の様子を伺うことができない場合も多いので、周りの方から自宅ではどんな様子であるか聞き取り、装具の設計に活かしています。また、装具をお渡しして終わりとならないように、その後のアフターフォローにも気を遣っています。臨床の場でお会いする時間は限られています。その場では問題が見えなくとも、後々表面化してくることも少なくありません。そのため、発生しやすいトラブルは事前にお伝えしておき、こうなった場合には連絡が欲しいと伝えています。また、同じ理由で病院でお会いした場合には不具合や困っていることがないか声をかけるようにしています。「わざわざ言うことでもないかな」と相談を迷われているケースもあります。実際お聞きしたことで装具の修正が必要となり、医師の判断を仰ぎ対応することも少なくありません。



洛北義肢で義肢装具士として働く価値や得られる経験を教えてください。



洛北義肢で働く価値の一つに大学病院を担当できることだと思います。大学病院は高度で専門的な治療が受けられるため、様々な疾患の悩みを抱えた患者様が場合によっては全国から集まります。そこで初めて聞くような疾患もあれば、重症化してこれまでの一般的な装具の設計では十分に対応できないケースもあります。そういった患者様の対応することは難しく時間もかかります。しかし、ひとつひとつ分からないことを勉強し、専門の知識を持ったコメディカルの方と意見を交換しながら、治療の一助となるような製品とサービスを提供できることは大きな達成感が得られます。加えて、会社が学会発表を奨励しておりますので経験した症例を発表し、もっと広い意見を聞く機会が得られやすいです。学会発表はついついハードルが高いものだと考えがちですが、発表経験豊富な社員が多くおりますので文献の探し方、抄録の書き方、パワーポイントの作成のやり方などフォローしてもらえるのがうれしいところです。


義肢装具士に求めるスキルと素養は何ですか?



世の中や人のお役に立つことに喜びを感じられることだと思います。そのためには自己研鑽が欠かせません。医療の現場に限りませんが、物事はどんどん変化しています。変化に合わせて自分が持っている能力も磨いていく必要があります。あとは患者様、医師、コメディカルスタッフが求めていることを理解して形にする力だと思います。義肢装具士は物を通じて治療に貢献する仕事です。必要な物は立場によって異なることがあります。治療に関わるすべての人が納得してもらえるように話を聞き、出来ること、出来ないことを相談した上で最善の提案をしていく必要があります。



最後にメッセージを



洛北義肢では入社から将来に向けて、着実にステップアップしていけるよう様々な制度を設けています。社員のほとんどがその制度を利用し自己研鑽を続けています。新卒の方で入社したあとの自分の姿ややるべきことを明確にイメージ出来ている方は少ないと思います。そんなとき先輩社員の中から自分のモデルケースにできるような人がきっと見つかると思います。自分のキャリアを重ねていく上で、どういった道筋があるのかがわかることは非常に重要です。いつまでにこれをクリアーすればこういった人になれるかが、わかれば努力もしやすいからです。入社後に自分の力を磨き、キャリアアップを重ねていきたいという気持ちをお持ちの方はぜひ一度お話を聞きに来てください。