Message From Director

洛北義肢で働く魅力とは



はじめに



みなさんは洛北義肢にどのような印象を持っていますか?

我々は京都と滋賀の病院を中心に静岡,大阪,兵庫も含め義肢装具を通じて


「必要とされるひとに必要なものを必要なときに」



をモットーとして社会と人に貢献している会社です。創設当初から変わることなく顧客満足度向上のために臨床、教育、研究開発に力を入れ続けています。そして法令順守や社員全員の働き方とワークライフバランスの向上にも力を入れています。


プルオーバーの左の袖に洛北義肢の社名とともに英語で”BEST PREPARED”の言葉も入っています。”BEST PREPARED”とは最良の準備をしよう、最高の備えをしようという意味です。洛北義肢の社員には患者様にきちんと向き合い、いつでも最良の結果を提供できるよう最良の準備をして欲しいと考えています。


力足りず最良の結果を提供できなかった場合でも次の機会により良い準備をしてまた患者様と向き合って最良の仕事に挑戦して欲しい。洛北義肢も皆さんの終わりない挑戦を支えられる最良の備えのある会社でありたい。必要とされる我々であるための心構え”BEST PREPARED"を常に刻んで社員全員でお互いを支え合い社会に貢献する志を持った会社です。


洛北義肢で働く一番の魅力とはそのような環境で挑戦と成長をし続けられることです。



我々の仕事と教育について



我々の仕事は、治療用の義肢装具を通じて患者様の治療のお手伝いをしたり、更生用として日常の生活をより良く過ごしてくださることを提供することです。


この大切な仕事は、義肢装具士だけではできません。事務職として患者様や義肢装具士そして会社全体をサポートしてくれるCSサポートの同僚や製作を担ってくれる製作技術者であるPOテクニシャンとの協働が無ければ不可能です。その大切な仕事をきちんと担ってもらうために、そして我々の真の同僚になってもらうためにそれぞれの職種で新入社員研修から、ひとり立ち、その後の継続的教育まで用意をしています。


全ての新入社員が入社後一緒に三週間研修を行います。会社のルールや社会保障制度、義肢装具など仕事に必要な知識を学びます。大切な同期との絆ができる時です。その後の6ヶ月間は、仮配属先でプリセプターの先輩から丁寧な指導を受けます。この後もCPD制度やパスウェイに沿って継続的に学び続け成長します。そしていずれはプリセプターとして人を育てることも経験してもらいます。何も知らず興味だけでこの世界に入っても、素直な心で学び行動すれば、必ず色々なことが身に付いてこの仕事を通じて人のお役に立てる仕事ができるようになります。


皆さんに知っておいて欲しいのは、技術も知識も大切ですが、この仕事をする上で大切なのは成長するための素直な心を持っていること、世の中に必要とされるための日々の努力ができる心、顧客や同僚を大切にする心、そして人のお役に立ちたいという強い心です。そういう心を持って我々全員プロフェッショナルとして日々仕事をしています。


法令順守、福利厚生、働き方改革



法令を順守することの大切さを皆で共有しています。義肢装具に関わる社会保障や保険制度、義肢装具士法だけでなく働き方改革法案に代表される法令についても大切に守っています。患者様に安心していただけるように、そしてお世話になっている病院やクリニックやそこで働いておられる医療職の方々に我々を信頼して一緒に働いていただけるよう努めています。 社内においての労働に関することも同様です。社員ひとりひとりが当然与えられるべき環境の中で安全に安心して自分の本来の仕事に集中できるように勤めるています。そして社員のご家族や周囲の方々にも安心していただけるよう全員で法令順守を大切にしています。



時間外労働は働き方改革法法案で示されている上限残業時間(月42時間)を下回る数字を維持しています。ITや機械の導入で作業能率を向上したことも一因ですが、人にしかできない仕事を明確にしてそこに人の能力を集中しました。この取り組みが成功しているのは、全員が大きな努力を重ねてきた結果です。 社員全員の努力で有給消化率も上りました。


英国での経験から男女の差なく仕事ができるように働く環境も整えてきました。今では産休と育休を取得し復帰して働くお母さんたちが元気に働いてくれています。まだ子供さんが小さいので熱を出したりとお休みが必要なことも多いですが、お互いさまの気持ちで無理することないようお休みを取っていただいています。そんな時に同僚への感謝の気持ちはあってもきちんと気兼ねなくお子さんの親としてすべきことをしてもらえるようにしています。これも全員の頑張りでできていることです。



最後にメッセージ



洛北義肢で働くために大切なことは、患者様のためにその時点でのベストな自分になることです。誰しも失敗から学び成功して自信を付けます。失敗した時は落ち込み、成功した時は患者様や同僚と一緒に喜びを分かち合います。歩みを止めなければ必要とされる社会人に成長していくことができます。社会人として成長し歩み続けたい、人に必要とされ人のお役に立ちたいという強い心を持っている人、そしてそういう同僚に囲まれて支え合って仕事をしたい人には必ずあなたに適した会社です。是非素晴らしい京都という土地で、洛北義肢の社員として社会人として、自分の可能性に挑戦してみてください。