義肢装具士3年目 玉井飛鳥
広島国際大学卒


自己紹介をお願いします。



入社3年目の玉井飛鳥と申します。出身校は広島国際大学です。


洛北義肢への入社を決めたきっかけは大学2年生の時に参加した会社見学会です。当時はまだ義肢装具士という職業がピンと来ていませんでした。しかし見学会を通して「働く義肢装具士」の姿を間近で見ることができて将来義肢装具士として働く自身を想像することができました。大学3年生の時に臨床実習を受け入れていただいたことも大きいです。


6週間の臨床実習では臨床で働く義肢装具士の姿を間近で見ることができました。実習中は実習担当者が決まっていて相談がしやすい環境でした。私も担当者のような立派な義肢装具士になりたいと毎日思っていました。そして実習期間を通して洛北義肢で働きたいという思いがより強くなりました。



業務の内容や具体的な流れを教えてください。



会社で用意していただいている社用車で担当病院へ参院しています。曜日により担当病院は異なりますが、片道15分~1時間半ほど運転することが多いです。担当している病院は、京都府と滋賀県、大阪府の病院です。院内では、医師より処方いただいた義肢装具の採型・採寸や、完成した義肢装具の納品を行っています。また、完成した装具の調整や修理などのアフターフォローも行っています。


仕事を進める上で意識していること



患者様に対して丁寧な説明を心がけています。患者様の多くは義肢装具を装着されることが初めてです。受傷後不安になりながら来院し診察を受け、装具療法を勧められ、不安なまま私たちの説明を受けることもしばしばです。そのような患者様に対して私ができることは、できるだけ患者様の不安を取り除くことだと思っています。使用していただく装具の説明は勿論のこと、日常生活で注意すべき点など患者様に不安の少ない生活を送っていただけるような対応を行っています。


また丁寧さと同じくらい気を付けていることがあります。なるべく簡潔に説明する、ということです。入社当初は義肢装具分野や保険等、わからないことだらけでしたので、抜けのない丁寧な説明を徹底していました。入社して2年が経過した今、丁寧な説明をより簡潔にお伝えすることを意識しています。わかりやすく簡潔にお伝えするには、お伝えする内容を自身の頭で理解・整理しておく必要があります。理解・整理のためには研鑽が欠かせません。日々研鑽を積み、様々な知識・技術を取り入れることを続けていきます。



おもしろいことや難しいことなど、働く中でこれまでに得た感触を教えてください



難しいことは同一装具でも患者様一人一人仕様が異なることです。それがまたおもしろい点でもあります。病名や処方された装具名が同じだとしても、患者様によっては症状が異なります。症状や生活環境を総合的に考え装具の仕様を決定する時間は、おもしろく、難しく、また義肢装具士として一番やりがいを感じます。


洛北義肢に入社して良かったと感じることは何ですか?



「勉強できる環境が充実していること」と「社員同士の仲が良いこと」です。


勉強できる環境とは、新人教育やCPD制度を指します。洛北義肢では入社してからの半年間、新人研修制度が組まれています。義肢装具士として働くには、学校で学ぶこと以外に多くの知識・技術を習得する必要があります。誰でも入社した当初は不安があると思いますが、研修や先輩社員と一緒に仕事ができる環境は、その不安を解消して、毎日の自信につなげることができます。入社当初私は、採型技術や患者様への説明にとても不安を感じていました。しかし、半年間の研修が終わるころには自信もついてきました。


義肢装具の分野は、医療の発展とともに日々進み続けています。義肢装具士になってからも様々な知識や技術を取り入れ、常に新しい知見を持ち続けることが重要になってきます。洛北義肢では、そんな自己研鑽を行うために学習費用を支給していただける自己研鑽制度(CPD制度)が存在します。CPD制度を利用し、積極的にセミナーや学会に参加したり、興味のある分野の参考書を購読したりしています。


社員同士仲が良いのは、学生時代見学会に参加したころから感じていました。実際入社してみて、先ず同期ととても気が合いました。今でも顔を合わせるとずっとしゃべっている程の仲良しです。ただ仲良しだけではありません。時にはお互いに仕事がつらい時期もありました。そんな時に励ましあい、ときには活を入れてくれる同期の存在がとても大きいです。また、上長・上司とも気軽に話せる関係で、わからないことなどすぐに確認するようにしています。



最後にメッセージを



会社の所在地は京都ですが京都以外の出身者も多いため、いい意味で京都感をあまり感じません。全国の養成校出身の先輩がいますので、非常に心強いです。


洛北義肢は就職した後も成長し続けたいと強く思っている方に向いている会社です。我々のSNSでは、社員の様子を日々更新しております。気になった方はFacebookとInstagramをチェックしてみてください。