多田 香菜
CSサポート係主任


自己紹介をお願いします。



クリニカルサービス部 CSサポート係の多田 香菜です。私は四年制大学を卒業後、洛北義肢に入社しました。この会社に出会うまで、装具のことや義肢装具士という職業についての知識はありませんでした。就職先については、誰かのサポートをする仕事がしたい、温かい雰囲気の会社に入りたいという2点を重視して、就職活動を行っていました。地元は京都では無いため地元に戻って就職することも考えましたが、洛北義肢と出会い、社内の雰囲気とCSサポート係の業務内容に魅力を感じ、京都での就職を決めました。現在は、2人の子育てをしながら仕事をしています。産前産後休業・育児休業を取得後、子供が小学生になるまでは勤務時間短縮制度を利用しました。会社の制度と周囲のサポートのおかげで無理なく仕事と育児の両立ができ、働く母として日々頑張っています。



CSサポート係として担う業務や役割など



CSサポート係では電話対応や書類作成、製品の発送業務、入金管理など、幅広い業務を行っています。特に電話対応については、毎日、患者様、医師や医療スタッフ、取引先企業など様々なところから連絡を受けます。その中で、必要な情報を正しく聞き取り、適切なタイミングで担当者や関係各所に伝えることは非常に重要です。社外と社内、また社内の各部署をつなぐ役割を担っていると考えています。また、CSサポート係という名称のとおり、クリニカルサービス部はもちろん、社内の各部署や患者様をさまざまな面でサポートすることも大切な役割です。



洛北義肢でCSサポート係として働く価値や得られる経験を教えてください。



洛北義肢でCSサポート係として働く価値は、患者様と社内それぞれのお役に立っていることを実感できることです。患者様と直接お会いしてお話しすることはあまりありませんが、書類についてのお問い合わせやその他のご質問など、お電話でお話する機会は多くあります。そんな中で、直接や間接的に感謝のお言葉を頂くことがあり、嬉しい気持ちになります。また、社内でも相手の業務が円滑に進むようにと意識して日々の作業を行うことで、業務がスムーズに回っていると実感できると、やりがいを感じます。任される業務の幅が広いので、自分の取り組み方次第で様々なスキルアップにも繋がります。


CSサポート係に求めるスキルと素養は何ですか?



目標に向かってコツコツと努力ができることと、感情に左右されないことが大切だと考えています。CSサポート係の仕事は、縁の下の力持ちとして、クリニカルサービス部や社内の業務がスムーズに行われるようにサポートすることです。業務の成果が見えにくい部分はありますが、全体の業務が円滑に進むよう、自分なりの目標を持ってコツコツと努力できる人が向いていると思います。また、これはCSサポート係に限ったことではありませんが、感情に左右されてしまうと業務がスムーズに進みません。仕事をする中で、苦手なことや上手くいかないことも出てくるかもしれません。そんな時に冷静に今何をすべきかを判断できることが大切です。また、全体のサポートをする役割として、イライラしていたり落ち込んでいたりという状態では周囲に気を配ることができません。いつも安定した精神状態でいられるよう、自分の気持ちをコントロールすることは私も日頃から心がけています。



最後にメッセージを



男女関係なく、働きやすい環境・制度が整った職場です。お母さん・お父さんになっても安心して働き続けることができます。人の役に立ちたい、誰かをサポートする仕事がしたいという方はぜひ一度見学にお越しください。お待ちしております。